ブログ 養生・セルフケア

二十四節気|寒露|陰陵泉

投稿日:

「寒」の字がまさに!というような寒気の今日。
まさに冬支度の候ですね。

お灸のセルフケアは、こりや痛み、お腹の調子をはじめ内科的な症状があるときの対症療法としても効くことが多いのですが、
日々の養生として、予防として、体調の底上げをするように、日常に少しずつ、ゆるーくケアするのもふさわしい使い方。
一つ先の季節になって、あるいは翌年の同じ季節になって、あれ?いつもより快適、いつもの症状が出ない、とわかるような、穏やかで確かな効き方もありです。

一つ先の季節=この冬は、まだ、また、気がかりもありそう。
身体のチカラ、抵抗力を養っていたいですね。

寒露のツボ、「陰陵泉(いんりょうせん)」が提案されています。
すねの内側の骨のへりをたどって上がってきて、膝の近くのカーブにぶちあたるあたり。
「脾」の経絡のメインなツボの一つ。
消化器系の不調や、浮腫、冷えにも。

また、膝の動きに関わる筋肉の付着部にも近く、変形性膝関節症でしばしば痛みの出るあたりにも近いので、膝痛を緩和するためにも使われるツボです。

膝痛は、お灸や鍼、手技療法で緩和はできますが、根本解決ではありません。
関節の軟骨や靭帯の傷害に由来する痛みもありますが、支える筋肉にスイッチを入れる(促通する)ことによって軽減できる場合も多いです。痛みが緩和できたら、次は効果的な運動を加えていけますように。痛みなく軽やかに歩けますように。

膝も、足首も、どうか温かくしていてください。

-ブログ, 養生・セルフケア
-, , , , , ,

Copyright© 鍼灸マッサージ RAJI(らじ)新宿区四谷院+杉並中野で女性専門出張施術 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.