ブログ 日乗・想うこと 身体とこころ

東洋医学と西洋医学のものの考え方の違い

投稿日:2019-09-30 更新日:

>>>
患者さんの背景というのが一番大事で、そういうことがわかる仕組みが東洋の仕組みということ。だから西洋と東洋、両方一緒にやれればこれに越したことない
<<<

前職の福岡大学スポーツ科学部で、お隣の研究室におられた向野先生。

この、現れている症状は違っても、動きを負荷してみると、同じ経絡を刺激することで治療できる、そこに生活が反映している、そんな実例、アプローチはひじょうに興味深くて。

ヒトの(カラダの)捉え方には、おそろしくさまざまなものがある。

解剖、生理、生化学…科学のフィールドで働き
エネルギーワーク、ソマティクス、瞑想系、武術系…
伝統鍼灸系、現代鍼灸系、手技、セラピーのいろいろ…
40年近くも彷徨ってきた(進行中)。

臨床の現場に放り出て、
いまは、
リアルに観て触れて共有できうる現象をあつかうこと、
生きているヒトは何かしら動き・固有の活動を持っていること、
それらが、全てではないけれども、
useful で effective な手がかりではないかと感じる。

わかりやすくて、おそらく再現性もあるリアルなこと。

そして同時に、
計り得ず、語り得ない 一回性の 何か も使っている。

-ブログ, 日乗・想うこと, 身体とこころ
-, ,

Copyright© 鍼灸マッサージ RAJI(らじ)新宿区四谷院+杉並中野で女性専門出張施術 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.